相互オナニーしたい!彼氏と見せ合いオナニーする方法とオナ見せ体験談

相互オナニーしたい

「相互オナニーしたい…」
「彼氏のオナニー見ながらしたい…」

彼氏と一緒にオナニーして気持ちよくなりたいけど、どうすれば実現できるのか頭を悩ませてしまいますよね。

でも、相互オナニーするのは簡単です。

このブログでは、彼氏とオナニーの見せ合いをする方法を説明。記事の後半では、付き合っている彼以外の男性と相互オナニーした!恋人以外に自分のオナニー見せて興奮した!というエッチな体験談を紹介していきます。

彼氏と相互オナニーしたい!オナニー見せ合いする方法

相互オナニーしたい女性は少なくありません。彼氏とのエッチにマンネリ化して、いつもとはちょっと違うプレイをしたいという女性も多いからです。ここでは、彼氏と相互オナニーして燃え上がった!という体験談を紹介して、実際に彼との相互オナニーに導く方法を詳しく紹介します。

彼氏に内緒でオナニー!見つかって相互オナニーに発展した話

彼氏にオナニーを見られた24歳女性
わたしが初めてオナニーを人前で体験したのは、24歳の時でした。当時付き合っていたのは、ナンパされて知り合ったけど、とても優しくてお互いに大好きな彼氏でした。一緒にいると楽しくて、優しくて、イケメンだし文句のない彼氏でした。ただ、1つだけ。エッチがすごく淡白な彼氏だったのです。わたしは、小学生からオナニーをしていたくらいエッチが好きだから、そんな彼氏のエッチには、物足りなさを感じていました。でも、大好きな彼氏にそんなことで嫌われたくなかったからずっと物足りない欲求不満を隠して付き合っていました。あるお泊まりデートの日、どうしても彼氏とのエッチでイケなくて、たまらなくて、彼氏が寝た後、こっそりオナニーをしていました。夢中になったせいか、彼氏に身体をぶつけてしまって彼氏が目を覚ましてしまってバッチリオナニー中だったわたしの身体と指先を彼氏は見つめていました。もうダメだ、そう思った瞬間彼氏が、「そのまま続けて。早く…」と言ってわたしはびっくりしたけど、もう我慢してた所に彼氏のそんな言葉を聞いたら止まらず、初めて人前でオナニーをしました。恥ずかしさの中、彼氏を見たら、彼氏もわたしを見ながらオナニーをしていました。もう、それからはお互いを見つめ合いながら止まらず、一緒にいってしまって。恥ずかしかったけど、今まででいちばん興奮した2人だったから、それからはセックスの前に、必ずオナニーを見せ合うようになりました。

このように、彼氏にオナニーしているところを偶然見られて相互オナニーに発展することもあります。

もともと彼氏が女性のオナニーをみるのが好きだったからこのような展開になったようです。

彼の前でオナニーを始めることで、彼氏の気持ちに火がつくこともあるのでやってみる価値はありそうですね。ただし、引かれてしまうこともあるので注意が必要です。

彼氏のオナニーを見せられ、自分もオナニーを披露した体験談

彼氏とオナニー見せ合いした20歳女性
当時私は20歳、相手は同じ大学の21歳の先輩でした。ある日彼の部屋で、彼から「実は言いにくいんだけど、俺のオナニーを見てほしい。見られながらのオナニーはものすごく興奮する。ずっと言いたかったけど、ドン引きされそうで言えなかった。今までの彼女にも言えなかった」と言われました。彼氏の切なそうな顔に愛しさを感じて、OKしました。彼氏は一度私を抱きしめ、ごめんねと言い、おもむろにズボンを脱ぎ、ペニスに手を当てしごきはじめました。目を閉じながら、私の名前を何度も口にし、「あやか(私の名前です…)可愛いね」「あやか…気持ちいいよ」「あぁ、あやか…入れたい」など、私とのセックスを想像しながらオナニーしているのが分かりました。「あやか、入れるよ…あぁ、入った…あぁ」と切ない声が聞こえ、彼のオナニーの手が早くなりました。彼は目を閉じたまま、眉間にしわを寄せ、さらに息づかいが荒くなってきました。「…あやか、そろそろイくよ…あやかの中に…あっ、あっ、あやか!あやか!イクッ!」と、彼氏は私の名前を連呼しながらイきました。精子があちこちに飛び、彼のはっとしたような、私に申し訳なさそうな表情を見せたとき、ものすごく彼氏が愛しくなり、私からそっと抱きしめてしまいました。その日はそれで終わったのですが、その次のセックスのときでした。私のおまんこに伸びた彼の手を、恥ずかしがるふりをして私の手でブロックしました。彼はそのまま私の手をおまんこに誘導し、私の人差し指をクリに当て、その上から自分の人差し指を添えてクリクリしはじめました。彼氏に誘導されているとはいえ、自分の指でクリを刺激してオナニーしているのと同じです。私は恥ずかしすぎて激しく抵抗しましたが、すでに愛液があふれた私のおまんこは止まらず、いつの間にか彼に添えられていた指が離され、私自身の指だけでおまんこに触れていることすら気がつかずにいました。知らず知らずのうちに、足を自ら大胆に広げ、彼氏の名前を連呼しながら私もイってしまいました。自分の指で初めてイってしまったこと、初オナニーを彼の前でしてしまったことに恥ずかしくて逃げ出したかったのですが、彼氏が私のことをものすごく愛しそうな顔で抱きしめてくれました。今でも忘れられません。

彼氏自身にオナニー見てもらいたい性癖があり、前触れもなく自慰行為を見せられたパターンです。

その後に彼氏の方から手を誘導されて一緒にオナニー。結果、彼氏の目の前でオナニーをすることになっています。

ちょっと特異なパターンですが、まず彼氏にオナニーを見せてとお願いすることで相互オナニーに発展することもあるでしょう。

オナニー見せ合いの末、押し倒されセックスに発展したエッチ体験談

彼氏に命令されオナニーした20歳女性
彼氏とオナニーの見せ合いをしたのは、私が20歳の大学1年生の時でした。その当時付き合っていた彼氏は同じ大学の2歳年上の先輩。身長は180cmと背が高く、細くて引き締まった体がすごく男らしくて、また顔もキリッとした目が印象的なカッコイイ感じだったので私はもう彼氏にメロメロでした。彼氏はとてもS気質かつ性に関して変態だったので、よくM気質の強い私にエッチなおもちゃをオマンコに入れながらデートする命令や裸エプロンになって彼氏に後ろから突かれながら料理するというエッチな命令を出されて辱められていました。 ある日、そんなドSの彼氏の家でデートをしている時、彼氏とキスをしているうちにエッチがしたくなり、彼氏のアソコを執拗に触って誘ってしまいました。すると、彼氏はニヤッと笑った後に「俺の目の前でオナニーして」という命令を出しました。一瞬私は恥ずかしくて拒否しましたが、「じゃあ、エッチお預け」と言われてしまったので、仕方なくオナニーをすることにしました。服を脱ぎ下着姿になった後、乳首をつまんだり、クリトリスをいじりました。彼氏に見られていると思うといつもより感じてしまい、おまんこからエッチな汁が出てグチョグチョいやらしい音が出ていました。 それを見ていた彼氏も興奮したのか、私と向かい合うようにしてオナニーをしていましたが、数分後私を押し倒し、大きくなったアソコを強引に私のおまんこに挿入し、激しく奥までついてきました。すごく気持ちよくて何回もイッてしまいました。

ドSな彼氏にオナニー見せ合いを命令されて披露。そのまま興奮した彼氏と相互オナニーに発展するパターンです。

Sっ気の強い彼氏と付き合うことで、オナ見せを強要されることもあるので、このようなプレイを期待できますね。

以下では彼氏以外と出会い相互オナニーする方法もまとめているので、気になる方はこちらも参考にしてみてください。

相互オナニーしたい!彼氏以外とオナニー見せ合いする方法

マッチングサイトで男性と相互オナニーする方法

彼以外で好みのタイプの男性と、出会い系マッチングサイトなんかのネットの出会いから相互オナニーできるのかと疑問ですよね。

でも、最近のマッチングサイトでは自分好みの男性に効率よく出会えるものもあります。

次のエッチ体験談でも、女性がマッチングサイトを通して彼氏以外の男性と知り合い、気持ちいいオナニー見せ合いを経験をしていることがわかります。

彼氏以外と相互オナニーした28歳女性
28歳のとき、出会い系マッチングサイトで今のセフレと出会いました。セフレは年下の24歳でした。年下ってこともあって、結構甘えたでしたね。だから年下セフレのお願いは大抵聞いていました。セフレは変態的なところがありました。居酒屋とかで飲んでいても、店員さんに見えないように、私にオナニーをさせるのです。パンティの中に指を入れてまさぐり、声を出さないようにするのが大変でした。セフレはそれを見て自分のものを擦っていました。店員さんに見えないように、お互いにオナニーをして、見せあうのがとても興奮しましたね。そんなことを重ねるほどセフレの要求は高まっていきました。夜だけではなく、昼間でもオナニーの見せあいをしていました。人でごった返すカフェの中でもしましたね。できるだけ人には見えない端の席に座り、お互いにズボンとスカートの中に手を伸ばしていました。店員さんが注文を取りにきているときも、パンティの中に手を入れたまま、まさぐっていました。声は出さなかったですが、明らかに顔は喘いでいたと思います。初めはセフレに言われてオナニーをしていましたが、いつの間にか、自分でオナニーをして、感じていました。セフレよりも私のほうが変態になっていましたね。
相互オナニーしてる20歳女性
オナニー見せ合いする相手(元彼)とは出会い系マッチングアプリを通して知り合いました。出会って付き合う前からお互いの体を触り合いっこのような少しエッチな遊びをしていましたが、付き合うようになってからは色んなプレイを楽しみました。大学でしてみたり、彼の家で親がいる時にしてみたり。色んなことをしましたが、中でも1番興奮したのはオナニーの見せ合いっこです。彼と私の部屋で遊んでいる時、キスをしていたらエッチな雰囲気になり、突然彼からオナニーの見せ合いっこをしようと提案されました。はじめは恥ずかしくて絶対したくなかったので拒否をしましたが、彼が率先してやり始めてしまいました。すると、私も彼から目が離せなくなってしまい…彼がすごく気持ち良さそうな顔をするので、彼を見ているとなんだか私もアソコがムズムズしてしてしまい…。前に彼とエッチで使ったローターが部屋にあったので、急いで出して下着越しにアソコに当ててみました。彼は私の方をじっと見ていて、彼に見られてると思うとすごく恥ずかしかったです。でも見られていることに興奮して止まらなくなり、すぐにイッてしまいました。イッた私を見て彼がすごく喜んでくれて、それ以来、私たちの中で見せ合いっこは定番になりました。いろいろあって別れてしまいましたが、元彼とは今でも見せ合いオナニーしています。

最近ではマッチングサイトで知り合い交際するカップルが全体の10%以上いるとも言われています。ということは、サイトで出会いセックスや変態プレイだけするイケナイ男女は非常に多そうですよね。まずはどんな男性がいるのかチェックしてみることをお勧めします。
相互オナニーしてみる

R18です。電話番号などの登録は、悪質業者の多重登録を防ぐために必要です。また、年齢確認で使う身分証明書は名前や顔写真、住所などは隠した状態の画像でOKなので一切心配いりません。

ハプニングバーで相互オナニーする方法

彼以外と相互オナニーしたいならハプニングバーもおすすめ。共通の知り合いがいない男性と知り合えて、そのまま大人な関係になれることもしばしば。うまくいけば、彼氏とは違ったタイプの理想の男性とオナニー見せ合いできます。

ハプバーには相互オナニーだけじゃなく、複数プレイ、ソフトSMプレイなど、変態プレイ好きのアブノーマルな男女が数多く出入りしているため、いろいろなプレイを知れる機会にも溢れていますよ。

でも、ハプニングバーは東京や大阪、名古屋などのメジャーなエリアにしかない上に利用料金も非常に高いため、限られた人しか利用できないのがデメリットです。

ナンパで相互オナニーする方法

彼氏以外とセックスしたり相互オナニーなどの変態プレイをしたい時、路上でナンパ待ちしてみましょう。彼氏以外の魅力的な男性と出会えるかもしれません。

また路上でなくても、手頃な立ち飲みバーなどを飲み歩き積極的に知らない男性に話しかけて仲良くなれればそのままアブノーマルプレイを楽しめる間柄になることもできます。

しかし、近場にナンパされるような場所がないなら、いくつか意識や行動を変えてみることをお勧めします。このブログではナンパされて好みのタイプの男性に出会う方法についても紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。参考 ナンパされたい今すぐセックスしたい人のエッチ方法[誰でもいいから抱かれたい]

メリット デメリット
マッチングサイトで相互オナニー 男性との出会いの数が多い
優良サイトは迷惑会員がほとんどない
女性なら料金が完全無料
好みのタイプの男性に出会える
出会いの数が多く目移りしてしまう
すぐできるからありがたみが少ない
ハプニングバーで相互オナニー 好みのタイプの男性に出会えることもある
直接話せるから相手の人となりがわかりやすい
ハズレの男性もいるので運次第
女性1人で利用しにくい
都会にしか店舗がない
利用料金が非常に高い
ナンパで彼以外とオナニー見せ合い 直接話して相手を見定めることが可能
うまくいけば出会ってすぐできる
都合の良い相互オナニー相手を作れる
得体の知れない男性が声をかけてくる
危険な思いをすることもある

以上、メリットとデメリットを比較整理してみたところ、もっともおすすめはマッチングサイトで男性と相互オナニーすること。うまく活用して、好みのタイプの男性とオナニー見せ合いしてみてください。
相互オナニーしてみる

R18です。電話番号などの登録は、悪質業者の多重登録を防ぐために必要です。また、年齢確認で使う身分証明書は名前や顔写真、住所などは隠した状態の画像でOKなので一切心配いりません。

相互オナニーしたい!オナ見せする方法まとめ

相互オナニーする方法と、実際にオナニーを見せ合いした体験談を紹介しました。

彼氏や、彼氏以外の魅力的な男性と相互自慰するには、出会いの数を最大限に増やすことが大切。

そしてそのために、ネットの出会いを利用することがもっともおすすめです。
相互オナニーしてみるR18

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする